ドバイインターコンチネンタルカップ ガーナラウンド

2017/12/06

Img 20171206 wa0024

ドバイインターコンチネンタルカップU13ガーナラウンドに日本人選手が参加してきました。


同大会にスペインやイタリア、フランス、ポーランド、エジプトそして南アフリカから選抜された選手たちと共にミチェルサルガド氏のアカデミー「SSS」の一員として挑んでまいりました。監督は、ミチェルサルガド氏、コーチは、イニアッキベニ氏が務めました。


同大会優勝チームに2月にドバイにて開催される本戦へと進む権利が与えられます。世界中を巻き込んだ非常に大規模な世界最高レベルの大会の一つです。


初めて、アフリカの同年代の選手とのガチンコ勝負を見ましたが、やはり身体能力がずば抜けて高く、「そこ伸びるんだ」と驚かされる場面も多々ありました。それ以上に驚きだったのが、攻守の切り替えなどチームとしての質も非常に高く、かつて見られた能力頼みのサッカーはもう見られなかったことです。

それほどまでにガーナは、近年めきめきと力をつけ、世界に追いつくのも時間の問題だと言われています。そんなガーナの優勝チームが、本戦で、レアルマドリードやACミランなど世界の強豪とどこまでやりあえるのか非常に楽しみです。


その世界屈指のレベルを誇る大会に日本からも選抜メンバーで1チームのみが

参加することを許されています。


2月もドバイが熱い!!世界へ。共に。