戦術クリニック&スペイントライアウト

2017/12/10

Img 20171210 wa0011

この度、12月9日に育成年代の選手向けのクリニック。12月10日に15歳以上の選手を対象にスペインでトライアウトに挑むプレーヤーを選考する国内選考会を開催致しました。


今回のクリニック及びトライアウトには、現在リーガで2位を走るバレンシアCFのカンテラ(下部組織)において、監督やアカデミーダイレクターとして活躍してきた”ホセ・バルゲス氏”をお招きいたしました。同氏は、育成メソッドの選定にも携わり、様々なカテゴリーの育成を網羅している指導者であり、世界中を飛び回り、各地でクリニックやセミナーを開催しています。


12月9日に行ったクリニックは「戦術叩き込みワンデイクリニック」と題し、戦術にフォーカスをあてた内容で行いました。午前・午後に2時間ずつの計4時間の長丁場となってしまいましたが非常に充実した内容でした。漠然とした戦術トレーニングではなく、より選手が試合の状況をイメージしやすいよう細かくテーマを設定し、理屈ではなく、頭で無意識にそのトレーニングでの正解にアプローチできるような内容を準備しました。


12月10日に行なった「スペイントライアウトチャレンジ国内選考会」では、15歳~26歳の選手がしのぎを削りあいながら非常にハイレベルな、ゲームを見せてくれました。国内選考に合格した選手は、2月にスペイン本国に渡り、トライアウトに挑戦していただきます。


この国内選考会の試合が始まって5分。ホセ氏は、早くもどの選手をチェックすべきなのかをリストにしていました。やはり目の肥えた世界トップレベルの指導者は、見た瞬間に選手の素質がわかり、適正ポジションなどもすぐさま把握できます。彼らは、選手のオーラや、走り方、1タッチ目の質、キックのフォームなど1プレー以内に読み取ることのできる情報で良し悪しを判断できると言います。


今回のように世界にチャレンジしたいと奮闘する選手を弊社は全力で応援しています。今後も様々な機会で海外への道を切り開くことにつながっていく取り組みを行っていきます。

皆様のご参加お持ちしております。

クリニック・国内選考会にご参加いただいた皆様、寒い中ありがとうございました。